把手に回転自在で重心が偏心した錘を設けた器具

開放特許情報番号
L2015000007
開放特許情報登録日
2015/1/8
最新更新日
2015/1/8

基本情報

出願番号 特願平11-244880
出願日 1999/8/31
出願人 阪本 忠士
公開番号 特開2001-061991
公開日 2001/3/13
登録番号 特許第3384486号
特許権者 阪本 忠士
発明の名称 トレーニング装置
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 捻転運動のトレーニング装置
目的 適切な負荷をかけつつ自然な捻転運動による均衡のとれた筋繊維の使用、およびこれによる高い運動効果をもたらすトレーニング装置を提供する。
効果 軽度の捻転運動につき、運動者の身体的特徴や運動能力、あるいはどの運動につきどのような筋力をつけるべきか、使用者の随意により、運動の目的にあわせて調整可能となる。
全ての運動において身体の左右両半身の筋肉を釣り合いのとれた連続性を保持しつつ連動させることが可能である。
筋肉群の異なる構成筋繊維群にまんべんなく且つ適度な刺激を与え、使用頻度の低い筋繊維群を活性化させる効果を奏する。
さらにこのような運動を継続的に行うことにより、腹回りつまり、体幹部の効率よいシェイプアップ効果も奏する。
技術概要
一端に適宜重量の負荷が固定ないし一体成形される把手を備え、該把手が、自由端部にストッパー手段を備えた棒状体と、該棒状体に外嵌される胴体とにより構成され、該胴体が前記棒状体を回転軸として回転自在であるトレーニング装置において、把手が1本のみであって、該把手の一端に設けられた負荷固定手段が棒状体に固設され、該負荷固定手段に固定される負荷の重心が、上記棒状体中心線より適宜外れた位置となることを特徴とするトレーニング装置。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT