ポリペプチド、遺伝子、発現ベクター、及びタンパク質を小胞体に輸送する方法、並びに、シグナルペプチドの設計方法

開放特許情報番号
L2014002440
開放特許情報登録日
2014/12/29
最新更新日
2014/12/29

基本情報

出願番号 特願2012-192318
出願日 2012/8/31
出願人 学校法人明治大学
公開番号 特開2014-045730
公開日 2014/3/17
発明の名称 ポリペプチド、遺伝子、発現ベクター、及びタンパク質を小胞体に輸送する方法、並びに、シグナルペプチドの設計方法
技術分野 食品・バイオ、有機材料
機能 機械・部品の製造、検査・検出
適用製品 ポリペプチド、遺伝子、発現ベクター、及びタンパク質を小胞体に輸送する方法、並びに、シグナルペプチドの設計方法
目的 輸送対象とするタンパク質の物性に依存せずに、該タンパク質を効率よく小胞体に輸送できる方法、並びに、該方法に用いられるポリペプチド、遺伝子、及び発現ベクターを提供する。
効果 本発明によれば、輸送対象とするタンパク質の物性に依存せずに、該タンパク質を効率よく小胞体に輸送できるため、輸送対象とするタンパク質の物性に依存せずに、該タンパク質を適切に小胞体に輸送できる方法、並びに、該方法に用いられるポリペプチド、遺伝子、発現ベクター、及びシグナルペプチドの設計方法を提供できる。
技術概要
以下の(a)又は(b)のアミノ酸配列からなり、かつ小胞体への輸送活性を有することを特徴とするポリペプチド。
(a)配列番号1又は2で表されるアミノ酸配列、
(b)配列番号1又は2で表されるアミノ酸配列において、1〜10個のアミノ酸が欠失、置換又は付加されているアミノ酸配列
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 明治大学

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT