磁気吸着機構、伸縮ユニット、及び、全方向移動機構

開放特許情報番号
L2014002418
開放特許情報登録日
2014/12/26
最新更新日
2014/12/26

基本情報

出願番号 特願2013-030859
出願日 2013/2/20
出願人 学校法人 中央大学
公開番号 特開2014-159058
公開日 2014/9/4
発明の名称 磁気吸着機構、伸縮ユニット、及び、全方向移動機構
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 全方向移動機構、磁気吸着機構、及び、伸縮ユニット
目的 磁性体から成る走行面上を所望の方向に安定して移動することができる全方向移動機構と、全方向移動機構に用いられる磁気吸着機構及び伸縮ユニットを提供する。
効果 本構成によれば、磁気吸着機構を被吸着体に更に強固に固定することができる。
伸縮ユニットを容易に伸縮させることができる。
本構成によれば、1つの回動手段で伸縮ユニットの伸縮と永久磁石の回転を同時に行うことができる。
全方向移動機構を、天井や床などの磁性体から成る走行面上において所望の方向に安定して移動させることができる。
技術概要
磁性体から成る被吸着体の表面に吸着する磁気吸着機構であって、
板状の台座と、
磁性体から成り、前記台座における前記被吸着体と対向する側に取り付けられた脚部と、
前記台座上において、当該台座の板面に垂直な方向を回転軸として回転可能に取り付けられた永久磁石と、
前記永久磁石の周囲に取り付けられた第1のヨークと、
前記永久磁石の周囲において、前記永久磁石の回転軸方向から見て、前記第1のヨークに対して位置ずれした位置に配置された第2のヨークと、
前記第2のヨークを、前記台座の板面に垂直な方向に移動可能に保持するヨーク保持手段とを備え、
前記脚部の前記被吸着体に接する吸着部の摩擦係数が、前記第2のヨークの前記被吸着体に接する吸着部の摩擦係数よりも小さいことを特徴とする磁気吸着機構。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 中央大学

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT