酢酸菌の発酵促進方法

開放特許情報番号
L2014002398
開放特許情報登録日
2014/12/26
最新更新日
2016/6/2

基本情報

出願番号 特願2002-098770
出願日 2002/4/1
出願人 株式会社Mizkan J plus Holdings
公開番号 特開2003-289868
公開日 2003/10/14
登録番号 特許第4157314号
特許権者 株式会社Mizkan Holdings
発明の名称 酢酸耐性遺伝子、該遺伝子を用いて育種された酢酸菌、及び該酢酸菌を用いた食酢の製造方法
技術分野 食品・バイオ
機能 食品・飲料の製造、材料・素材の製造
適用製品 食酢
目的 酢酸耐性に関与する新規な酢酸耐性遺伝子を提供すること、及び該遺伝子を含む微生物並びに該微生物を用いて高酢酸濃度の食酢を効率良く製造する方法を提供すること。
効果 本発明により、酢酸耐性に関与する新規な遺伝子が提供され、さらに該遺伝子を用いてより高酢酸濃度の食酢を高効率で製造可能な育種株を取得することができ、該育種株を用いたより高酢酸濃度の食酢を高効率で製造する方法が提供できる。
技術概要
 
本発明は、微生物に由来する酢酸耐性を増強する機能を有するタンパク質をコードする遺伝子、該遺伝子を含む微生物、特にアセトバクター属(Acetobacter)及びグルコンアセトバクター属(Gluconacetobacter)に属する酢酸菌、及びこれらの微生物を用いて高濃度の酢酸を含有する食酢を効率良く製造する方法に関する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 交渉次第

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT