炭化水素の製造方法

開放特許情報番号
L2014002343
開放特許情報登録日
2014/12/18
最新更新日
2016/6/24

基本情報

出願番号 特願2014-183076
出願日 2014/9/9
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2016-056266
公開日 2016/4/21
発明の名称 炭化水素の製造方法
技術分野 化学・薬品、機械・加工
機能 材料・素材の製造
適用製品 藻類系炭化水素油の水素化分解により炭化水素を製造する方法
目的 炭化水素を主たる成分とする藻類油の水素化分解反応により、中間留分(C↓10−C↓20のジェット燃料・軽油相当)の炭化水素混合物を合成する反応において、油/触媒比が10程度の条件でも、高められた炭化水素への転化率と中間留分への選択率で水素化分解反応を行うことができる、工業的に有利な、硫化しない新規な触媒を提供する。
効果 藻類油の直接水素化分解により、十分な収率にて炭素数10〜20の炭化水素を製造することができるので、ジェット燃料(炭素数10〜15程度)及び軽油(炭素数16〜20程度)等の燃料の製造、或いはプロピレン等の化学品中間体原料の製造に有用なものである。
技術概要
 
藻類系油を、触媒により水素化分解させて炭化水素を製造する方法において、
前記水素化分解触媒として、周期律表第7族に属する元素もしくはこれを含む化合物一種類以上と、周期律表10族に属する金属もしくはこれを含む化合物一種類以上とで修飾された多孔性固体酸化物を含有してなる触媒を用いることを特徴とする炭化水素の製造方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT