分類モデル生成装置、分類装置、分類モデル生成方法、分類方法、分類モデル生成プログラム、分類プログラムおよび記録媒体

開放特許情報番号
L2014002289
開放特許情報登録日
2014/12/1
最新更新日
2014/12/1

基本情報

出願番号 特願2008-161237
出願日 2008/6/20
出願人 日本電信電話株式会社、国立大学法人京都大学
公開番号 特開2010-003106
公開日 2010/1/7
登録番号 特許第5164209号
特許権者 日本電信電話株式会社、国立大学法人京都大学
発明の名称 分類モデル生成装置、分類装置、分類モデル生成方法、分類方法、分類モデル生成プログラム、分類プログラムおよび記録媒体
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造、検査・検出
適用製品 分類対象データをターゲット分類体系において分類する技術
目的 補助分類体系のデータを有効に利用することで、ターゲット分類体系に関する高精度な分類モデルを生成する。また、その生成した分類モデルを用いて、分類対象データをターゲット分類体系において高精度に分類する。
効果 補助分類体系のデータも有効に利用することで、ターゲット分類体系に関する高精度な分類モデルを生成することができる。また、その生成した分類モデルを用いて、分類対象データをターゲット分類体系において高精度に分類することができる。
技術概要
分類対象データを分類する分類体系であるターゲット分類体系においてすでに分類されている1つ以上の既分類データと、前記ターゲット分類体系とは異なる分類体系である補助分類体系においてすでに分類されている1つ以上の既分類データと、を用いて学習を行うことで、前記分類対象データを前記ターゲット分類体系における複数のクラスのいずれかに分類するための分類モデルを生成する分類モデル生成装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT