無線通信端末、及び無線通信方法

開放特許情報番号
L2014002282
開放特許情報登録日
2014/12/1
最新更新日
2014/12/1

基本情報

出願番号 特願2011-027090
出願日 2011/2/10
出願人 日本電信電話株式会社、国立大学法人京都大学
公開番号 特開2012-169740
公開日 2012/9/6
登録番号 特許第5544573号
特許権者 日本電信電話株式会社、国立大学法人京都大学
発明の名称 無線通信端末、及び無線通信方法
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 無線通信端末、及び無線通信方法
目的 既存の端末を変更することなく、いずれの無線通信システムでも通信することができる無線通信端末、及び無線通信方法を提供する。
効果 異なる無線通信システムが共存している環境であっても、既存の端末を変更することなく、いずれの無線通信システムでも確実に通信することができる。
技術概要
定められたビーコン周期で出力されるビーコン信号の出力間隔のうち、定められた活性期間内において他の無線通信端末と通信を行う第1の無線通信システムと、キャリアセンスによって自律分散的に通信を行う第2の無線通信システムとのそれぞれの通信を行うための無線インタフェースを備える無線通信端末であって、
前記第1の無線通信システムにおけるビーコン信号の送信を行う第1の送信手段と、
前記ビーコン信号の送信に先立って、前記第1の無線通信システムで使用するチャネルを予約するチャネル予約信号を送信する第2の送信手段と、
前記第2の無線通信システムにおいて一つのパケットがチャネルを占有する可能性のある最大時間に基づき、前記第2の送信手段に送信指示するタイミングを定め、前記タイミングに前記第2の送信手段に送信を指示する送信制御手段と、
を備えることを特徴とする無線通信端末。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT