インダクタ

開放特許情報番号
L2014002281
開放特許情報登録日
2014/12/1
最新更新日
2014/12/1

基本情報

出願番号 特願2012-534037
出願日 2011/9/14
出願人 日本電信電話株式会社、国立大学法人京都大学
公開番号 WO2012/036207
公開日 2012/3/22
登録番号 特許第5463580号
特許権者 日本電信電話株式会社、国立大学法人京都大学
発明の名称 インダクタ
技術分野 電気・電子
機能 材料・素材の製造
適用製品 インダクタ
目的 ピーキング回路を形成するのに要する面積を削減することができ、かつピーキング特性の設計の自由度を高めることができるインダクタを提供する。
効果 本発明は、半導体集積回路の周波数帯域を延伸するピーキング回路等に使用されるインダクタに適用することができ、高速動作する半導体集積回路を低コストで提供することができる。また、各インダクタ配線間の結合係数および結合方向を自由に選択することができ、インダクタと容量との関係を調整可能となるので、ピーキング特性の設計の自由度を高めることができる。その結果、本発明では、従来のインダクタを用いる場合と比較して、ピーキング回路の帯域延伸効果を高めることができる。
技術概要
インダクタ(1)は、インダクタ領域の外周にスパイラルの形状に形成され、始点が端子(N11P)と接続されたインダクタ(L11P)と、インダクタ(L11P)の終点を始点としてインダクタ領域の内周にスパイラルの形状に形成され、終点が端子(N12P)と接続されたインダクタ(L12P)と、インダクタ(L11P)とインダクタ(L12P)との接続点を始点としてインダクタ(L11P)とインダクタ(L12P)とに挟まれる領域にスパイラルの形状に形成され、終点が端子(N13P)と接続されたインダクタ(L13P)とを備える。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【有】   
Copyright © 2017 INPIT