無線通信端末、無線通信方法

開放特許情報番号
L2014002277
開放特許情報登録日
2014/12/1
最新更新日
2014/12/1

基本情報

出願番号 特願2011-002961
出願日 2011/1/11
出願人 日本電信電話株式会社、国立大学法人京都大学
公開番号 特開2012-147165
公開日 2012/8/2
登録番号 特許第5561646号
特許権者 日本電信電話株式会社、国立大学法人京都大学
発明の名称 無線通信端末、無線通信方法
技術分野 情報・通信、電気・電子
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 無線通信端末、無線通信方法
目的 マルチホップのネットワークにおいてビーコンモードでの動作を実現する。
効果 無線通信端末が、階層構造において、自身に割当てられる割当期間を示す情報が含まれるビーコン信号を受信し、受信したビーコン信号に含まれる情報が示す自身の割当期間内における期間を、階層構造において自身より下の階層の無線通信端末である下階層通信端末に割当てる割当期間として示す情報を含むビーコン信号を生成し、自身に割当てられた割当期間内に、ビーコン生成部によって生成されたビーコン信号を、下階層通信端末に送信するようにしたので、マルチホップのネットワークにおいてビーコンモードでの動作を実現できる。
技術概要
無線通信端末が、階層構造において一つ上の階層の無線通信端末である上階層通信端末から、自身に割当てられる割当期間を示す情報が含まれるビーコン信号を受信し、受信したビーコン信号に含まれる情報が示す自身の割当期間内における期間を、階層構造において自身より下の階層の無線通信端末である下階層通信端末に割当てる割当期間として示す情報を含むビーコン信号を生成し、自身に割当てられた割当期間内に、ビーコン生成部によって生成されたビーコン信号を、下階層通信端末に送信する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT