主軸たわみ板フランジ及び主軸組合せたわみ板フランジ、それを用いた板ばね式フレキシブルカップリング、それを備えた機械装置

開放特許情報番号
L2014002263
開放特許情報登録日
2014/11/17
最新更新日
2014/11/17

基本情報

出願番号 特願2014-020946
出願日 2014/2/6
出願人 平山 保男
登録番号 特許第5611477号
特許権者 平山 保男
発明の名称 主軸たわみ板フランジ及び主軸組合せたわみ板フランジ、それを用いた板ばね式フレキシブルカップリング、それを備えた機械装置
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造、材料・素材の製造
適用製品 主軸たわみ板フランジ及び主軸組合せたわみ板フランジ、それを用いた板ばね式フレキシブルカップリング、それを備えた機械装置
目的 主軸たわみ板フランジ及び主軸組合せたわみ板フランジ、それを用いた板ばね式フレキシブルカップリング、それを備えた機械装置を提供する。
効果 主軸とカップリングとの伝達相互部分での簡素化と共に、たわみ板損傷の有無の目視確認はたわみ板を取り外さずに中間軸の取り外しのみで確実且つ容易に実施できる。
組立スペーサー(2分割スペーサー+中間軸)の正確な径方向位置決めにたわみ板内外径を案内として活用することを可能とした。
要求仕様に対応する主軸たわみ板フランジ形式の選定は容易となり、長期高速連続運転に伴うたわみ板交換においても、当初バランス状態は維持継続される。
技術概要
本発明は、新たな主軸たわみ板フランジ及び主軸組合せたわみ板フランジの少なくともいずれか一方を用いた板ばね式フレキシブルカップリングの設計製作に資するものであり、たわみ板は内外径を案内とした焼ばめを用いて組み込まれ組立スペーサー(2分割スペーサー+中間軸)の正確な径方向位置決めを可能とし、たわみ板交換に依ってもバランス状態再現を確実に実施できる長期間高速連続運転用板ばね式フレキシブルカップリングの供給を容易とするものである。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 特許第4987158号公報図5の反転ハブの板ばね式フレキシブルカップリング20は、本発明の図1のストレート穴のたわみ板フランジを用いた板ばね式フレキシブルカップリング10によって置き換えが可能です。機械装置メーカー殿は、たわみ板フランジと主軸を一体とした主軸たわみ板フランジの採用により、従来主軸先端及びカップリングハブボス部が占めていた空間を自由とできますので、本発明図1の中間軸12fに比べより短いものを用い従来の軸端間最小型を無理なく(例えばたわみ板交換作業は従来より容易)実施可能である。

登録者情報

登録者名称 平山 保男

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT