真空断熱材及びその製造方法

開放特許情報番号
L2014002256
開放特許情報登録日
2014/11/17
最新更新日
2016/5/27

基本情報

出願番号 特願2014-172127
出願日 2014/8/27
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2016-044800
公開日 2016/4/4
発明の名称 真空断熱材及びその製造方法
技術分野 機械・加工
機能 材料・素材の製造
適用製品 真空断熱材及びその製造方法
目的 被断熱体の曲面形状壁にぴったりと密着可能な真空断熱材およびその製造方法を提供する。
効果 広い真空断熱部を確保することができ、また、芯材を積層構造にすれば、真空の空間を増大させることができ、所望の断熱性能を実現できる。
更に、外被材としてガスバリア性を持つ熱溶着できる真空パック用包装材、それに脱気シーラーがあれば低コストで簡単に製作可能である。また、芯材の構成部材と外被材を高温に対応できるものにすることにより高温領域で使用できる真空断熱材となる。
技術概要
フレキシブルな基材の両面に真空の空間を確保するための突起状微細構造物を配設した芯材シートと、
前記芯材シートを覆うガスバリア性の外被材とからなり、
前記芯材シートを前記外被材で覆った内部空間が減圧密封されてなる真空断熱材。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT