嗅覚ディスプレイおよびそれに用いる香源カートリッジ

開放特許情報番号
L2014002204
開放特許情報登録日
2014/11/17
最新更新日
2015/9/21

基本情報

出願番号 特願2012-243025
出願日 2012/11/2
出願人 独立行政法人情報通信研究機構
公開番号 特開2014-092673
公開日 2014/5/19
登録番号 特許第5288573号
特許権者 国立研究開発法人情報通信研究機構
発明の名称 嗅覚ディスプレイおよびそれに用いる香源カートリッジ
技術分野 情報・通信、食品・バイオ、化学・薬品
機能 機械・部品の製造
適用製品 嗅覚ディスプレイおよびそれに用いる香源カートリッジ
目的 小型化および簡便さを保持しつつ、より多くの種類の香りを時間的および空間的に限られた範囲に提示できる、嗅覚ディスプレイおよびそれに用いる香源カートリッジを提供する。
効果 香源ごとにそれぞれ対応するカートリッジを用いる構成となり、香気成分の混同を生じさせることなく、多種類の香りを適切に提供できる。
また、複雑な機構を設けることなく、傾斜構造を設けるという簡単な構成で空気供給口と吸気口とを適切に密着できるようにしたため、小型化および簡便さを保持しつつ、多種類の香りを時間的および空間的に限られた範囲に提示できる。
技術概要
嗅覚ディスプレイ10は、ディスプレイ本体12および香源カートリッジ14を含み、時間的および空間的に限られた範囲に香りを提示する。ディスプレイ本体12のカートリッジ収容室(24)および香源カートリッジ14の容器本体(80)には、香源カートリッジ14の挿入方向に対して傾斜する傾斜面46,84が形成され、香源カートリッジ14を押し込む力が、吸気口82を空気供給口54側に押し付ける方向に作用するようにされる。これにより、空気供給口54と吸気口82との接続部分の密着性が高められ、風力源26の能力が最大限に活用されて香源カートリッジ14内に短時間で高い静圧が生成される。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT