転落危険度算出システム及び通報システム

開放特許情報番号
L2014002190
開放特許情報登録日
2014/11/14
最新更新日
2016/9/28

基本情報

出願番号 特願2013-243523
出願日 2013/11/26
出願人 国立大学法人鳥取大学
公開番号 特開2015-103042
公開日 2015/6/4
発明の名称 転落危険度算出システム及び通報システム
技術分野 情報・通信、食品・バイオ
機能 検査・検出、安全・福祉対策、制御・ソフトウェア
適用製品 転落危険度算出システム及び通報システム
目的 ベッドからの転落事故に至る前に防ぐことのできる転落危険度算出システム及び通報システムを提供する。
効果 対象者の姿勢情報に基づいて、対象者の転落危険度として出力されるため、危険度をモニタリングし、対象者のもとに行くべきか否かを判断することができるため、対象者の転落を未然に防ぐことができる。また、本発明の通報システムによれば、対象者の転落を防ぐ信頼性の高い通報システムを実現することができる。
技術概要
対象者の姿勢情報を取得する姿勢情報取得手段と、前記姿勢情報取得手段によって取得された前記姿勢情報と、前記対象者の転落危険度を算出する危険度算出モデルによって、前記対象者の転落危険度を算出する危険度算出手段と、前記危険度算出手段によって算出された前記対象者の転落危険度を出力する出力手段と、を備える転落危険度算出システム。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT