自動車水没防止装置

開放特許情報番号
L2014002186
開放特許情報登録日
2014/11/13
最新更新日
2014/11/13

基本情報

出願番号 特願2014-132517
出願日 2014/6/27
出願人 伊藤 正文
登録番号 特許第5616559号
特許権者 伊藤 正文
発明の名称 自動車水没防止装置
技術分野 輸送
機能 機械・部品の製造、安全・福祉対策
適用製品 自動車水没防止装置
目的 自動車で走行中や停車中に大津波や海面転落や大洪水などに遭遇して、車内に浸水しても、車体の完全水没を防止し、車内の乗員が漂流物にぶつかることから身を守ったり、荒波を飲み込んだりすることなく、車内水面の上部空間で呼吸ができる自動車水没防止装置を提供する。
効果 浸水時に自動車の車内の各所に堅固に取り付けた浮き袋を膨出することにより、その浮力で車体の完全水没を防止するとともに、車内上部に乗員が呼吸可能な空間を確保できる。
浮き袋が車内で膨らんでいるため、漂流物が当たって浮き袋が破れるのを、車体の外殻が防いでくれて、浮き袋が破れることによる自動車の完全水没を防止してくれる。
完全水没までの時間を、従来の自動車に比べて、延長でき、救助時間を延長し、救助される確率を大幅にアップすることが可能になる。
エアバッグの技術を流用できるため、比較的安価に製造可能である。
技術概要
自動車の車内各所に、折り畳まれた浮き袋131と、前記浮き袋131を膨張させるためのガス供給器111を設置し、車内への浸水を検知して、手動または自動操作手段によりガスが供給された前記浮き袋131が車内に膨出し、前記複数の浮き袋131の浮力によって車体が半水没状態を保つとともに、少なくとも車内水面4の上部に乗員が呼吸可能な空間8を確保できる構成としたものである。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 伊藤 正文

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT