前方視認用補助ミラー

開放特許情報番号
L2014002182
開放特許情報登録日
2014/11/12
最新更新日
2015/11/3

基本情報

出願番号 特願2014-030035
出願日 2014/1/31
出願人 平岩 隆治
登録番号 特許第5578461号
特許権者 平岩 隆治
発明の名称 前方視認用補助ミラー
技術分野 輸送
機能 機械・部品の製造、安全・福祉対策
適用製品 前方視認用補助ミラー
目的 車を運転する時、左右前輪タイヤ附近は目で確認できず感だけで運転している、又前方を走行しているトラック等で視界が遮られている場合トラック等の左前方が確認出来ないので、車左右前方側面に前方視認用補助ミラーを取り付けることにより、左右前輪下部附近、又前を走行しているトラック等の左前方附近が前方視認用補助ミラーの位置から視認でき前途の欠点を解決する。
効果 車左右前方側面に取り付ける事で、前方視認用補助ミラーの確認が目の移動だけで楽にできる。
又、写る像も見た状態と同じ実像で写り、車左右前方側面と車体側面後方、そして前方視認用補助ミラーの位置で、前方トラック等の左右前方附近の状態が視認出来る。
又、対向車と狭い道路の離合時ドアミラーを格納していても車側面前・後、上・下の視認が出来る。
技術概要
本発明は車左右前方側面に反射鏡2枚を相対して固定し、運転手の視線は覗き窓を通り第2反射鏡を反射し第1反射鏡を反射、前・下部視認用窓、覗き窓を通り、前方、側面、補助ミラーの下部及び後方側面の視認ができる。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 平岩 隆治

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT