セラミック誘電体及びその製造方法

開放特許情報番号
L2014002163
開放特許情報登録日
2014/11/6
最新更新日
2015/10/12

基本情報

出願番号 特願2010-193245
出願日 2010/8/31
出願人 独立行政法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2012-051738
公開日 2012/3/15
登録番号 特許第5569802号
特許権者 国立研究開発法人物質・材料研究機構
発明の名称 セラミック誘電体及びその製造方法
技術分野 化学・薬品、無機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 セラミック誘電体
目的 新規な誘電体及びその作製方法を提供する。
効果 本発明により、例えばマイクロ波DRに好適な誘電体が、Taを使用することなく、また従来技術による同等の性能を有する材料よりも低温で焼結して提供される。
本発明は高価かつ希少であるTaを使用せずに既存の高Q材料と同等の性能を有する誘電体を与えるので、これに限定されるわけではないが、マイクロ波DR及びマイクロ波集積回路用の誘電体基板を含む広い範囲の適用分野が見込まれる。
技術概要
BaとMgとNbとを含み、組成式Ba↓(4−5x)Mg↓(5x)Nb↓(2+y)O↓9で表されるセラミック材料であって、
0.35<x≦0.47及び−0.05≦y≦−0.001であるとともに、
共振周波数の温度係数が−5から+6ppm/℃の範囲内にある
セラミック材料。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT