複合太陽電池

開放特許情報番号
L2014002154
開放特許情報登録日
2014/11/6
最新更新日
2015/10/12

基本情報

出願番号 特願2010-291597
出願日 2010/12/28
出願人 独立行政法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2012-138546
公開日 2012/7/19
登録番号 特許第5598818号
特許権者 国立研究開発法人物質・材料研究機構
発明の名称 複合太陽電池
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 複合太陽電池
目的 短波長側に光電変換対象波長域を拡張することで従来よりも高い変換効率を有する太陽電池を、高い自由度を以って設計、製造できるようにする。
効果 本発明によれば、多接合型の太陽電池素子とそれよりも短波長の光を光電変換する別の太陽電池素子を、特殊な素子構造などを用いることなく、高変換効率の太陽電池を構成することができる。
よって、使用する半導体の選択などの設計の自由度が高くなる。また、特別な設計や追加の構造・附属機器なしで高い効率を維持することができる。
さらに、従来の多接合型太陽電池よりも入射光のエネルギーの利用効率の高い太陽電池を、既存技術を利用して、単純な構成で実現することができるため、変換効率が50%以上の太陽電池を得ることも可能である。
技術概要
より短波長の光電変換を行うIII−V族窒化物薄膜太陽電池素子を、多接合型太陽電池素子の前段に設置する。更に、太陽電池素子の設計の自由度を確保するため、これらの太陽電池素子を全体として従来の多接合型太陽電池素子のように電気的に直列接続するのではなく、夫々の素子に別個に出力端子を設けて両者の出力を互いに独立して取り出す。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT