ビスオキサゾリジン配位子およびそれを用いた触媒

開放特許情報番号
L2014002141
開放特許情報登録日
2014/11/5
最新更新日
2016/9/22

基本情報

出願番号 特願2012-263878
出願日 2012/11/30
出願人 国立大学法人 千葉大学
公開番号 特開2014-108942
公開日 2014/6/12
登録番号 特許第5971804号
特許権者 国立大学法人 千葉大学
発明の名称 ビスオキサゾリジン配位子およびそれを用いた触媒
技術分野 有機材料、機械・加工
機能 材料・素材の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 ビスオキサゾリジン配位子およびそれを用いた触媒
目的 ビスオキサゾリジン配位子の製造方法とそれを用いた触媒反応を確立する。
効果 本発明により、二段階で効率的な配位子を合成することができる。アミノアルコールの構造を変化させることで、種々の触媒反応や基質に応じて最適な不斉配位場を提供することができ、平面配位子の問題点を克服し、より複雑な配位場を構築することができる。
また、本発明で提供する触媒は、不斉反応を行うことができ、工業化に耐えうるほどの安定性を有していることから産業上の利用可能性がある。
技術概要
 
下記式(1)又は(2)(イメージ図参照)に示されるビスオキサゾリジン配位子。

(ただし、R↑1はCH↓3、CH(CH↓3)↓2、CH↓2CH(CH↓3)↓2、CH(CH↓3)C↓2H↓5、C(CH↓3)↓3、Ph、CH↓2Ph、のいずれかであり、R↑2はCH↓3、C↓2H↓5、Ph、のいずれかであり、R↑3はH、CH↓3、Br、NO↓2のいずれかである。ここで、Phは芳香環を示す。)
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT