ジャー炊飯器

開放特許情報番号
L2014002129
開放特許情報登録日
2014/11/3
最新更新日
2014/11/3

基本情報

出願番号 特願2010-135774
出願日 2010/6/15
出願人 パナソニック株式会社
公開番号 特開2012-000170
公開日 2012/1/5
登録番号 特許第5494266号
特許権者 パナソニック株式会社
発明の名称 ジャー炊飯器
技術分野 生活・文化
機能 機械・部品の製造、加熱・冷却
適用製品 ジャー炊飯器
目的 保温中に停電した場合、停電復帰時に使用者の意図に沿った保温制御を簡易に実現できるジャー炊飯器を提供する。
効果 保温中に停電した場合、停電復帰時に使用者の意図に沿った保温制御を簡易に実現できるので、より使用者にとって使い勝手がよく、タイムリーに調理物を提供することができる。
保温機能を有する調理機器等の用途にも適用できる。
技術概要
米と水を入れる鍋と、前記鍋の上部を開閉自在に覆う蓋と、前記鍋を加熱する鍋加熱手段と、前記鍋加熱手段を制御して炊飯と保温を行う制御手段と、停電を検知する停電検知手段と、前記停電検知手段により停電中と判断される時間を計時する停電時間計時手段と、停電復帰を検知する停電復帰検知手段と、停電復帰後の時間を計時する停電復帰計時手段と、保温延長を指示する保温延長入力手段を有し、前記制御手段は、保温中に前記停電検知手段により停電を検知した後、前記停電復帰検知手段により停電復帰を検知した場合に、前記停電時間計時手段による計時時間が第1の所定時間を超えてから、前記停電復帰計時手段による計時時間が第2の所定時間以内に前記保温延長入力手段による入力がなければ、保温を自動終了させるジャー炊飯器。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT