燃料電池発電装置システム

開放特許情報番号
L2014002125
開放特許情報登録日
2014/11/3
最新更新日
2014/11/3

基本情報

出願番号 特願2009-274109
出願日 2009/12/2
出願人 パナソニック株式会社
公開番号 特開2011-119080
公開日 2011/6/16
登録番号 特許第5476950号
特許権者 パナソニック株式会社
発明の名称 燃料電池発電装置システム
技術分野 電気・電子、化学・薬品、無機材料
機能 材料・素材の製造、制御・ソフトウェア、加熱・冷却
適用製品 燃料電池発電装置システム
目的 筐体内で可燃ガスの漏れが発生した場合に、不安全な状態から早く回避することができ、正常に戻った場合に安全に復帰させることができる燃料電池発電装置システムを提供する。
効果 筐体内を漏れたガスを滞留させておくような不安全な状態から回避することができる。さらに、ガス濃度計測手段が筐体内のガス濃度を常時監視しているので、ガス濃度が所定の閾値未満になった場合は、制御手段が、所定の制御を行って安全に復帰することができる。
給湯機などの水配管を有するシステムの燃料ガス異常後の制御等の用途にも適用できる。
技術概要
外気温度計測手段13と排気手段15と可燃ガスの濃度を計測するガス濃度計測手段14と制御手段16を動作させるための第1の電源11と、水素生成装置17とスタック9と排熱回収手段18とガス供給制御手段19を動作させるための第2の電源12を別々に設け、ガス濃度計測手段14により計測した可燃ガスの濃度が所定の濃度閾値以上になると、制御手段19が、ガス供給制御手段19により水素生成装置17への原料ガスの供給を遮断し、排気手段15により筐体8内の空間に漏れ出した原料ガスまたは燃料ガスを筐体8外に排気し、切断手段10により第2の電源12をオフにするように構成した。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT