燃料電池システム

開放特許情報番号
L2014002124
開放特許情報登録日
2014/11/3
最新更新日
2014/11/3

基本情報

出願番号 特願2009-097852
出願日 2009/4/14
出願人 パナソニック株式会社
公開番号 特開2010-251046
公開日 2010/11/4
登録番号 特許第5467334号
特許権者 パナソニック株式会社
発明の名称 燃料電池システム
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア、環境・リサイクル対策
適用製品 燃料電池システム
目的 部品点数を削減して、コストダウンや装置の小型化を実現しながら、エアブリード経路の弁の異常を検知する。
効果 燃料電池に確実にエアブリード用の酸化ガスを供給しながら運転することができるので、一酸化炭素による被毒の影響を抑制し、より長期間に渡り好適に運転可能な燃料電池システムを提供することができる。
各種圧力センサや圧力調整器などを削減することができコストを削減すると共に、装置の小型化を実現した燃料電池システムを提供することができる。
例えば、家庭用の燃料電池コージェネレーションシステム等として有用である。
技術概要
改質器1と、CO除去器2と、酸化ガスを供給する酸化ガス供給器4と、水素含有ガスを用いて発電する燃料電池3と、酸化ガスを水素含有ガスに混入させるための第1の酸化ガス経路6と第1閉止弁13と、第1の酸化ガス経路6より分岐し、CO除去器2より燃料電池3に供給される水素含有ガスに酸化ガスを混入させるための第2の酸化ガス経路7と第2閉止弁8と、第1の酸化ガス経路7に設けられた流量測定器5と、制御器9とを備え、システムの起動時に、制御器9は、第1閉止弁13を開けた状態で所定出力にて酸化ガス供給器4を動作させ、第2閉止弁8を開放させるよう制御した場合と第2閉止弁8を閉止させるよう制御した場合の流量測定器5の計測値の差が所定の閾値以下ならば第2閉止弁8が異常と判定する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT