燃料電池システム

開放特許情報番号
L2014002117
開放特許情報登録日
2014/11/3
最新更新日
2014/11/3

基本情報

出願番号 特願2009-127362
出願日 2009/5/27
出願人 パナソニック株式会社
公開番号 特開2010-277752
公開日 2010/12/9
登録番号 特許第5458668号
特許権者 パナソニック株式会社
発明の名称 燃料電池システム
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 燃料電池システム
目的 凝縮水中での微生物の増殖を抑制した燃料電池システムを提供する。
効果 発電停止中のカソード凝縮水タンク中の水のTOC濃度を低く抑えることが出来るので、TOCを栄養源として生育する微生物の増殖を抑制することが出来、結果的に凝縮水経路中の部品や水配管の閉塞を防止することが出来るため、燃料電池システムを安定的に運転させることが可能であり、長期間メンテナンスをすること無く運転させる燃料電池システムとして有用である。
技術概要
水素と空気を用いて発電する燃料電池と、
燃焼の熱を利用して水と燃料ガスから前記燃料電池に供給する水素リッチな改質ガスを生成する水素生成装置と、
前記燃料電池のアノードオフガス中の水分を凝縮させて回収したアノード凝縮水を貯留するアノード凝縮水タンクと、
前記燃料電池のカソードオフガス中の水分を凝縮させて回収したカソード凝縮水と前記水素生成装置の燃焼排ガス中の水分を凝縮させて回収した燃焼排ガス凝縮水とを貯留するカソード凝縮水タンクと、
前記カソード凝縮水タンクへ前記アノード凝縮水を供給する凝縮水ポンプと、
システムの各部品及び全体の動作を制御する制御装置と、を備え、
前記カソード凝縮水タンクの水を浄化して前記燃料電池の冷却水と前記水素生成装置に供給する改質水に利用する燃料電池システムであって、
前記制御装置は、前記燃料電池の発電停止中に前記凝縮水ポンプを作動させ、前記カソード凝縮水タンクへ前記アノード凝縮水を供給するよう制御を行う燃料電池システム。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT