金属触媒構造体及びその製造方法

開放特許情報番号
L2014002083
開放特許情報登録日
2014/10/30
最新更新日
2015/11/23

基本情報

出願番号 特願2011-066987
出願日 2011/3/25
出願人 国立研究開発法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2012-200660
公開日 2012/10/22
登録番号 特許第5818244号
特許権者 国立研究開発法人物質・材料研究機構
発明の名称 金属触媒構造体及びその製造方法
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造、材料・素材の製造、環境・リサイクル対策
適用製品 金属触媒構造体及びその製造方法
目的 高価な貴金属を少量しか用いず、触媒の材料コストを低減するとともに、熱凝集に伴う触媒活性の低下を抑制することができる金属触媒構造体及びその製造方法を提供する。
効果 高価な貴金属を少量しか用いず、触媒の材料コストを低減するとともに、熱凝集の際の触媒活性の低下を抑制した金属触媒構造体を容易に製造することができる。
毒性ガスを無毒化する触媒材料を取り扱う産業一般に有用な技術であり、更に環境産業等において利用可能性がある。なお、本発明の適用範囲は特定の触媒活物質に限定されるものではないため、用途に応じた適切な触媒活物質を選択することにより、上記以外の触媒産業にも利用可能性がある。
技術概要
空洞部25cと、空洞部25cに連通する孔部22とが設けられた殻状体25からなり、空洞部25cの内表面に高触媒活性の遷移金属又はその合金からなる触媒活性層23が設けられている金属触媒構造体11を用いることによって前記課題を解決できる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT