分散または粉砕装置及び分散または粉砕方法

開放特許情報番号
L2014002061
開放特許情報登録日
2014/10/23
最新更新日
2015/10/12

基本情報

出願番号 特願2012-220178
出願日 2007/2/20
出願人 独立行政法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2013-039568
公開日 2013/2/28
登録番号 特許第5598824号
特許権者 国立研究開発法人物質・材料研究機構
発明の名称 分散または粉砕装置及び分散または粉砕方法
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 液体中に混合されたナノメーターサイズの固体粒子を分散または粉砕できるようにした実生産レベルで使用可能な装置及び分散または粉砕方法
目的 処理材料(ミルベース)と粉砕媒体(ビーズ)をベッセル内で攪拌して固体粒子を分散、粉砕する装置において、固体粒子をナノメートルサイズに分散、粉砕できるようにした実生産レベルで何ら障害が生じない装置を提供する。
効果 粒子同士の衝突を与えて粉砕、分散する場合に比べて、固体粒子を極めて微粉砕することができ、ナノ粒子を得ることができる。この粉砕ならびに分散装置は、実生産レベルで使用する際に、何ら問題は生じない。
また、得られたナノ粒子は、粉砕媒体の分離が可能であり、超音波により形成される衝撃波で該粉砕媒体を十分に運動させることができる。
さらに、超音波の振動数を15KHz〜30KHz、振幅を5μm〜50μmとすると、確実に大きなキャビテーションを発生させることができ、崩壊するときに生じる衝撃波が強くなる。
技術概要
ミキサー29内には、処理材料と粉砕媒体を攪拌するための撹拌羽根31があり、超音波発生装置30が設けられている。ミキサーの流出口27はビーズミル28の供給口6に通じ、ビーズミルの吐出口11はミキサーの流入口26に通じ、処理材料はビーズミルとミキサーを循環する。凝集したナノ粒子には超音波による衝撃が与えられるとともに上記粉砕媒体に衝突し、また粉砕媒体も超音波の衝撃波により運動されるとともに粉砕媒体間の衝突によりせん断力が発生し、固体粒子はナノメートルサイズに分散、粉砕される。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT