有機半導体単結晶形成方法及び有機半導体デバイス

開放特許情報番号
L2014002055
開放特許情報登録日
2014/10/23
最新更新日
2016/8/22

基本情報

出願番号 特願2011-197147
出願日 2011/9/9
出願人 国立研究開発法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2013-058680
公開日 2013/3/28
登録番号 特許第5950251号
特許権者 国立研究開発法人物質・材料研究機構
発明の名称 有機半導体単結晶形成方法
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 任意の位置に任意の向きの有機半導体の単結晶を形成する方法及びそのようにして形成された有機半導体単結晶を使用したデバイス
目的 基板上の任意の位置に任意の向きの有機半導体単結晶を形成する。
効果 高い結晶性を有する有機半導体の単結晶を任意の位置に任意の向きを持つように形成することができる。さらに、形成された有機半導体単結晶を使用した有機半導体デバイスが提供される。
本発明の有機単結晶は、基板上に直接形成することができる。
また、本発明によれば、有機半導体を使用した素子を製造するに当たってその生産性が大きく向上する。また、有機半導体素子を集積化する際にも好都合である。
そのため、本発明は有機半導体素子の製品化のために大いに貢献することが期待される。
技術概要
親液性であって、結晶成長の方向を規制する形状(長方形など)を有する領域内に置かれた有機半導体に対して溶媒蒸気アニールを行うことにより、当該領域内に所定の方向に整列した有機半導体単結晶を成長させる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT