光パターン表示媒体、光パターン算出方法及び光認証システム

開放特許情報番号
L2014002041
開放特許情報登録日
2014/10/23
最新更新日
2016/1/25

基本情報

出願番号 特願2012-072254
出願日 2012/3/27
出願人 国立研究開発法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2012-238370
公開日 2012/12/6
登録番号 特許第5846580号
特許権者 国立研究開発法人物質・材料研究機構
発明の名称 光パターン表示媒体、光パターン算出方法及び光認証システム
技術分野 情報・通信、機械・加工、輸送
機能 材料・素材の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 光パターン表示媒体、光パターン算出方法及び光認証システム
目的 ランダムに配置された個々の発光材料の振動ダイポールモーメントの向き・強度に応じた近接場光からなる光パターンを表示可能な光パターン表示媒体、その光パターンを瞬時に観測可能な光パターン算出方法及び光認証システムを提供する。
効果 ランダムに配置された個々の発光材料の振動ダイポールモーメントの向き・強度に応じた近接場光からなる光パターンを表示させた媒体を提供できる。
個々の有機分子からの発光の差を捕らえることができ、ナノメータースケールで2次元発光機構差同時計測が可能となる。
光パターン表示媒体の製造産業、光パターン表示媒体を用いた光認証産業等において利用可能性がある。
技術概要
側面に官能基が取り付けられた炭素繊維材料にクマリン又はその誘導体からなる発光材料を分散させてなる板状部材と、前記板状部材の一面に配置された第1の導電部材と、前記板状部材の他面に配置された第2の導電部材とを有し、前記第1の導電部材は複数の光透過部が互いに等間隔となるように配置された金属基板であり、前記光透過部の最大径が前記発光材料の最大発光ピーク波長の1/2以下であることを特徴とする光パターン表示媒体。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT