多孔性窒化炭素膜、その製造方法およびそれを用いた用途

開放特許情報番号
L2014002036
開放特許情報登録日
2014/10/23
最新更新日
2015/11/23

基本情報

出願番号 特願2011-125611
出願日 2011/6/3
出願人 国立研究開発法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2012-250884
公開日 2012/12/20
登録番号 特許第5804251号
特許権者 国立研究開発法人物質・材料研究機構
発明の名称 多孔性窒化炭素膜、その製造方法およびそれを用いた用途
技術分野 化学・薬品、無機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 窒化炭素膜、その製造方法およびそれを用いた用途
目的 マクロ細孔とメソ細孔とを有するバイモーダルな多孔性窒化炭素膜、その製造方法、および、それを用いた用途を提供する。
効果 本発明の多孔性窒化炭素膜は、マクロ細孔およびメソ細孔を有するので、触媒、吸着剤、フィルタ等に利用され得る。本発明の多孔性窒化炭素膜は、所定の物質に対して選択的な吸着能を有するため、センサあるいは光学スイッチに好適である。また、本発明の多孔性窒化炭素膜を、既存の多孔性材料と同様に、上述の用途に加えて、ガス分離、クロマトグラフィ、エネルギー貯蔵に用いてもよい。
技術概要
窒化炭素からなるフレーム構造によって形成される多孔性窒化炭素膜であって、
前記フレーム構造は、
マクロ細孔と、
前記マクロ細孔の細孔径よりも小さな細孔径を有するメソ細孔と
を有し、
前記マクロ細孔は、前記多孔性窒化炭素膜の表面方向に規則的に配列しており、
前記マクロ細孔は、前記多孔性窒化炭素膜の表面に開口部を有する、多孔性窒化炭素膜。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT