水道施設における着水簡易ろ過器

開放特許情報番号
L2014002034
開放特許情報登録日
2014/10/22
最新更新日
2014/10/22

基本情報

出願番号 実願2014-002783
出願日 2014/5/28
出願人 横山 陽一郎
登録番号 実用第3193646号
特許権者 横山 陽一郎
発明の名称 水道施設における着水簡易ろ過器
技術分野 その他
機能 洗浄・除去
適用製品 緩速ろ過方式水道施設のろ過池流入口及び着水井流入口
目的  水道施設において原水を簡易的にろ過することによる浄水施設への負担軽減、尚且つ日常のメンテナンスを軽減することを目的とする。
効果  原水を前処理することによるろ過池への負担軽減、及び気象変動による濁水の流入を防ぐ効果がある。
技術概要
 ボールタップのタイプにおいては、コンテナ形状及びボールタップの可動域を阻害しないコンテナ形状と内面に敷き込むろ過マットの形状。そしてそれをコンテナと一体化させる為の留め金具。
 ラッパ口タイプにおいては、既設配管をそのまま利用できる半割れ構造のコンテナとラッパ口を取り囲むように尚且つ敷き込みやすくするために切り込みを入れてあるろ過マットの形状。
イメージ図
実施実績 【有】  緩速ろ過方式水道施設に現在使用中
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 ろ過器の製造及びそれを応用した製品開発の提案等

アピール情報

導入メリット 【改善】
改善効果1 ある下向式緩速ろ過方式の施設においては、ろ過閉塞により月1回ろ過池の清掃をしていたのが、使用後は週1回のろ過マット取替えで、6カ月間清掃をしなくてもよくなった。
改善効果2 ある上向式緩速ろ過方式の施設においては、使用前と後では水位差の増え具合に違いが出た。気象変動による濁水の流入を防いでいる効果が出ている。

登録者情報

登録者名称 横山 陽一郎

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT