リン酸カルシウム含有真球状粒子の製造方法及び該方法で製造される真球状粒子

開放特許情報番号
L2014002021
開放特許情報登録日
2014/10/21
最新更新日
2015/6/26

基本情報

出願番号 特願2014-147065
出願日 2014/7/17
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2015-063444
公開日 2015/4/9
発明の名称 リン酸カルシウム含有真球状粒子の製造方法及び該方法で製造される真球状粒子
技術分野 化学・薬品、無機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 リン酸カルシウム含有真球状粒子の製造方法及び該方法で製造される真球状粒子
目的 迅速性、簡便性を兼ね備えたサブミクロンからミクロンサイズのリン酸カルシウム含有真球状粒子の製造方法を提供する。
効果 照射時間30分以内という迅速性を有し、かつ、鋳型分子やリン酸カルシウムの原料粉体を用いることなく、汎用試薬の混合液のみから作製できるという簡便性と組成制御性を兼ね備えたサブミクロンからミクロンサイズのリン酸カルシウム含有真球状粒子の製造方法を提供できる。
技術概要
リン酸カルシウムの飽和濃度を超える量のカルシウムイオン及びリン酸イオンを含み、かつ前記のいずれかのイオン又は両方のイオンと固相を形成する光吸収剤を含む反応液を用いて、該反応液中に光吸収剤とカルシウムイオン及び/又はリン酸イオンとを含む固相分散体を形成させるとともに、該反応液にパルスレーザー光を照射することにより、鋳型分子を必要とせず、しかも迅速に、サブミクロンからミクロンサイズのリン酸カルシウム含有真球状粒子を製造する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT