ニトリロトリアセトアミドを用いるレアメタルの抽出分離方法

開放特許情報番号
L2014002004
開放特許情報登録日
2014/10/21
最新更新日
2017/4/5

基本情報

出願番号 特願2013-025879
出願日 2013/2/13
出願人 国立研究開発法人日本原子力研究開発機構
公開番号 特開2014-152382
公開日 2014/8/25
登録番号 特許第6083862号
特許権者 国立研究開発法人日本原子力研究開発機構
発明の名称 ニトリロトリアセトアミドを用いるレアメタルの抽出分離方法
技術分野 金属材料、機械・加工、有機材料
機能 材料・素材の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 塩酸溶液からのレアメタルの抽出分離方法
目的 多種類のレアメタルを一度に回収することができる抽出分離方法を提供する。
効果 本発明のレアメタルの抽出分離法は、大容量を取り扱うことができ、室温で処理可能である。また、複数種類のレアメタルに対して高い分配比10以上を実現でき、レアメタルを含有する物質の溶解液として汎用されている塩酸溶液又は硝酸溶液から直接、抽出分離できる。さらに、固液分離も可能である。
本発明の抽出分離法によれば、塩酸溶液中又は硝酸溶液中のレアメタルを効率的に抽出分離することができる。抽出分離後のレアメタルの回収や精錬、相互分離にも利用できる。
技術概要
一般式: N(CH↓2CONR↓2)↓3

(式中、Rは炭素数6〜12のアルキル基である)

で表されるニトリロトリアセトアミドを抽出剤として用いる塩酸溶液又は硝酸溶液からのレアメタルの抽出分離方法。レアメタルは、Nb,Ta,Cr,Mo,W,Re,Ru,Ir,Pd,Pt,Ga,In,Sb,Bi、Te、Hg、Tc及びVから選択される1種以上であることが好ましい。ニトリロトリアセトアミドを有機溶媒に溶解させた抽出溶媒を用いて、塩酸溶液又は硝酸溶液からレアメタルを溶媒抽出する、或いは、ニトリロトリアセトアミドを樹脂に含浸させてなる固体吸着剤に、レアメタルを含む塩酸溶液又は硝酸溶液を通液して、塩酸溶液又は硝酸溶液からレアメタルを抽出分離する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT