1,2−ビス(トリメチルシリル)ベンゼンまたはその類縁化合物の製造方法

開放特許情報番号
L2014001991
開放特許情報登録日
2014/10/20
最新更新日
2016/8/22

基本情報

出願番号 特願2012-124756
出願日 2012/5/31
出願人 国立大学法人佐賀大学
公開番号 特開2013-249277
公開日 2013/12/12
登録番号 特許第5950255号
特許権者 国立大学法人佐賀大学
発明の名称 1,2−ビス(トリメチルシリル)ベンゼンまたはその類縁化合物の製造方法
技術分野 有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 1,2−ビス(トリメチルシリル)ベンゼンまたはその類縁化合物の新規な製造方法
目的 安全な溶媒を用いて緩和な反応条件のもとで1,2−ビス(トリメチルシリル)ベンゼンまたはその類縁化合物を低コストかつ高収率に製造できる新しい方法を提供する。
効果 製造コストが抑えられるとともに、常圧下、常温〜90℃で十分に反応が進み、さらに高い収率も実現できるという従来例のない全く新規な優れた反応を行うことができる。
特殊な装置や熟練した技術も必要としておらず、反応操作も簡便であるため、工業的な大量合成法にも容易に適用できる。
ベンザイン合成をはじめとする種々の合成反応の前駆体や中間体として幅広い用途に利用することができる。
技術概要
 
下記の一般式(I)で表される1,3−ジアルキル−2−イミダゾリジノンを溶媒として、

(式中、R↑1は、炭素数1〜4のアルキル基を示す。)
少なくとも2つの隣接する塩素原子を置換基に有するベンゼン誘導体と、クロロトリメチルシランを、金属マグネシウム、銅塩、および塩化リチウムの存在下に反応させる工程を含むことを特徴とする1,2−ビス(トリメチルシリル)ベンゼンまたはその類縁化合物の製造方法を提供する。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 譲渡については状況によるため、ご希望の方は問い合わせていただきたい。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT