抗真菌性を有するアミノ酸誘導体

開放特許情報番号
L2014001985
開放特許情報登録日
2014/10/20
最新更新日
2014/10/20

基本情報

出願番号 特願2013-202368
出願日 2013/9/27
出願人 国立大学法人佐賀大学
公開番号 特開2014-080420
公開日 2014/5/8
発明の名称 抗真菌性を有するアミノ酸誘導体
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品
機能 食品・飲料の製造、材料・素材の製造
適用製品 抗真菌性アミノ酸誘導体、並びに抗真菌性アミノ酸誘導体を含有する抗真菌剤、飲食料、化粧料および医薬組成物
目的 新規抗真菌化合物および抗真菌性アミノ酸誘導体の提供。
安全性への不安感がないこと、あるいは合成が比較的容易であることなどの特性を有する抗真菌剤の開発。
効果 本発明により、新たな抗真菌性化合物が提供される。
本発明のアミノ酸誘導体は、従来の抗真菌剤と比較して副作用の懸念が少なく、広範囲に使用することができ、また多量に使用し得る可能性がある。さらに、比較的容易に化学合成することが可能である。
したがって、抗真菌剤や抗真菌用医薬組成物の活性成分として使用することが可能である。また、飲食料や化粧料に用いることが可能である。飲食料や化粧料に用いる場合、抗真菌作用を有する添加剤として使用することもできる。
技術概要
NHR↑1−CHR↑2−C(O)−R↑3 (I)で示される化合物またはその塩、および当該化合物またはその塩を含む抗真菌剤。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 譲渡については状況によるため、ご希望の方は問い合わせていただきたい。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT