中高粘度液体材料を塗布する低吐出量用液体材料噴射バルブ

開放特許情報番号
L2014001949
開放特許情報登録日
2014/12/11
最新更新日
2014/12/11

基本情報

出願番号 実願2013-007043
出願日 2013/12/12
出願人 島田 ▲隆▼治
登録番号 実用第3191270号
特許権者 島田 ▲隆▼治
発明の名称 中高粘度液体材料を塗布する低吐出量用液体材料噴射バルブ
技術分野 機械・加工、電気・電子、食品・バイオ
機能 機械・部品の製造、食品・飲料の製造、接着・剥離
適用製品 マスキング無しで帯状に塗布する低吐出量用液体スプレイバルブ
目的 被塗物に中高粘度液体材料を飛散なく均一な薄膜形成可能にするスプレイバルブの提供
効果 本考案の吐出バルブは実装回路基板の必要とする部位又は表面に、VOC型防湿絶縁材料を、塗布ムラなく、液飛散なく、かつマスキングすることなしで選択的にコーティングが出来、塗布付着効率を低下させることなく、溶剤系防湿絶縁材料を塗布すると同様の乾燥時間を得られ、防湿絶縁材を均一に薄膜形成可能な効果を奏する。
技術概要
スプレー式液体用噴射バルブに、鋭角な角度と極細小径を有するノズルと、一定の集束角を有する霧化用エクステンションアダプターを新たに付加することで、指向性ある霧化旋回流が形成される。50〜1500センチポイズの粘度の液体材料を、幾つかの塗布条件の変更で飛散のない50ミクロン以下の緻密な成膜を形成する。そのため、高粘度で高固形分を有する無公害型(VOC型で100%無溶剤や水性エマルジョン等)の防湿絶縁材料を、実装さたれ電子基板面に塗布する(Conformal Coating)分野に適する。本分野のVOC型材料の塗布において、従来から不可能だった薄く選択的自動塗布と、乾燥速度の向上は容易に可能となる。その結果、環境改善、製品品質アップや生産性向上だけでなく50%以上の大幅なコスト削減の経済的効果も得られる。
イメージ図
実施実績 【有】  某ユーザー向けサンプル作成中
許諾実績 【有】  韓国のコーティング装置メーカーに当該塗布バルブを購入してもらうと同時に使用許諾をしている
特許権譲渡 【可】
対価条件(一時金) 【要】台数による。1台の場合75万。1ロットの台数、10台毎で特価提示
希望譲渡先(国内) 【可】装置メーカー等
希望譲渡先(国外) 【可】韓国除くアジア地区、USA、欧州
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 弊社のマイクロバルブを購入することが条件。その他液体供給ユニットは特別の指定なし。
希望譲渡先(国外) 【可】韓国、USA、ヨーロッパ以外の地域

アピール情報

導入メリット 【改善】
改善効果1 Co2削減等の環境改善の他、塗布作業環境の改善、製品品質アップや生産性向上だけでなく50%以上の大幅なコスト削減の経済的効果が得られる。
アピール内容 マスキングを使用しないで帯状に塗装することも可能となるため、防湿絶縁材塗布だけでなく中高粘度の接着剤や、水性塗料を使用している外壁材などで見られる格子状の意匠塗装、缶のストライプ状の色分け塗装等に適用でき、広範囲の産業分野で応用可能となる。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【有】  大韓民国
Copyright © 2017 INPIT