屋根上取付具

開放特許情報番号
L2014001922
開放特許情報登録日
2014/10/15
最新更新日
2014/10/15

基本情報

出願番号 特願2009-195015
出願日 2009/8/26
出願人 株式会社オーティス
公開番号 特開2011-047145
公開日 2011/3/10
登録番号 特許第5294484号
特許権者 株式会社オーティス
発明の名称 屋根上取付具
技術分野 土木・建築
機能 機械・部品の製造
適用製品 屋根上取付具
目的 重ね式接合構造の波形屋根の場合において、その波形屋根の上面に突設したボルト体に、鍔片間でずれが発生するおそれがなく、確実、強固にかつ安定した状態に取り付けることができる屋根上取付具を提供することにある。特に、一対の挟持部材よりなる挟持具を採用した屋根上取付具において、ボルト体への確実な装着を可能にし、部品点数を減らす。
効果 鍔片間にずれが発生することなく、鍔片をボルト体に強固に挟着させることができる。また、鍔片に雌ネジ構造が備わっているので、ボルト体と螺合するナットを必要とせず、部品点数を減らすことができる。さらに、安定して強固に取り付けることができる。
1つの屋根上取付具だけで、ハゼ部だけでなく、重ね式接合構造の折板屋根に対しても簡単かつ確実に取り付けでき、特別な部材を必要とせず雌ネジ構造を形成できる。
技術概要
一対の挟持部材を開閉自在に支点連結して挟持具を構成し、該挟持具の作用点とされる相対向する一対の鍔片を相互近接させ固定して、波形屋根の頂部より突出したボルト体に挟着させる構造とした屋根上取付具であって、
上記挟持部材の鍔片の先端部には、相互に対向し、内周が円弧形に湾曲した分割雌ネジ凹所が形成されており、上記両分割雌ネジ凹所は、上記ボルト体の雄ネジ部を挟み込んで噛合する構造となっていることを特徴とする屋根上取付具。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 株式会社オーティス

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT