生体試料固定器

開放特許情報番号
L2014001904
開放特許情報登録日
2014/10/8
最新更新日
2016/7/27

基本情報

出願番号 特願2011-259007
出願日 2011/11/28
出願人 国立大学法人京都大学、学校法人立命館
公開番号 特開2013-113976
公開日 2013/6/10
登録番号 特許第5930364号
特許権者 国立大学法人京都大学、学校法人立命館
発明の名称 生体試料固定器
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 生体試料固定器
目的 侵襲性を抑えつつ生体試料を固定する。
効果 本発明の生体試料固定器によれば、小動物等の皮膚の切開範囲は、生体試料の一部及びその周囲の僅かな部分が露出する範囲で済み、切開範囲を従来と比較して小さくすることができ、小動物等の生体に対する侵襲性を抑えることが可能となる。
技術概要
顕微鏡のステージに設置され、生体試料を当該ステージに対して固定するための生体試料固定器であって、
前記ステージに設置される透明の板部と、前記板部に重ねて設けられ当該板部との間に流路を形成するカバー部と、を備え、
前記カバー部又は前記板部には、前記流路の一部と繋がり当該流路内の流体を吸引するための吸引部が設けられ、前記カバー部には、前記流路の他部と繋がっていると共に前記生体試料の一部に臨ませる開口が設けられていることを特徴とする生体試料固定器。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT