樋支持具

開放特許情報番号
L2014001889
開放特許情報登録日
2014/10/7
最新更新日
2014/10/7

基本情報

出願番号 特願2008-279126
出願日 2008/10/30
出願人 株式会社オーティス
公開番号 特開2010-106518
公開日 2010/5/13
登録番号 特許第4923022号
特許権者 株式会社オーティス
発明の名称 樋支持具
技術分野 土木・建築
機能 機械・部品の製造
適用製品 樋支持具
目的 取付杆と取付基板の接合強度など種々の面における強度が保持でき、かつコストの低減化が図れる樋支持具を提供する。また、効率よく樋支持具を組立てできるようにする。
効果 凹溝体を取付基板の凹溝部に嵌合、接合する構造になっているため、両者の接合強度は高められる。特に、取付杆および取付基板を薄肉化でき、それによってリベットによる締結の強度も増す。さらに、薄肉にできることで材料コストの低減化が図れる。また、組立ての際に両者の位置決めをきわめて容易かつ迅速に行える。
また、取付杆には基部片より延出された支持片の両側端に一対の突条リブが形成されているため、全長にわたって補強構造とすることができる。
技術概要
一端に樋支持具本体を連結、支持し、他端に基部片を設けた取付杆と、被取付体に取付固定される取付基板とを備え、該取付杆の基部片を、該取付基板に形成された凹溝部に嵌合して、接合された樋支持具であって、
上記取付杆は、上記基部片が上記取付基板の凹溝部に密着嵌合される凹溝体にて構成され、該基部片より延出し、両側端に一対の突条リブが形成された支持片と、上記一対の突条リブの上記基部片側の終端部で構成された当止め部とを有しており、上記基部片を構成する凹溝体を上記取付基板の凹溝部に嵌合したときに、上記当止め部が上記取付基板の上端に当接されて溝長手方向の位置決めをできるようになっていることを特徴とする樋支持具。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 株式会社オーティス

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT