スイッチング可能フォトニック結晶レーザーキャビティ及びそのスイッチング方法

開放特許情報番号
L2014001863
開放特許情報登録日
2014/10/2
最新更新日
2017/2/24

基本情報

出願番号 特願2012-135273
出願日 2012/6/15
出願人 国立研究開発法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2014-003045
公開日 2014/1/9
登録番号 特許第6061370号
特許権者 国立研究開発法人物質・材料研究機構
発明の名称 レーザー発振可否制御可能フォトニック結晶レーザーキャビティ及びそのレーザー発振可否制御方法
技術分野 電気・電子
機能 材料・素材の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 フォトニック結晶レーザーキャビティの改良、フォトニック結晶レーザーキャビティ
目的 フォトニック結晶レーザーキャビティの可能性を更に広げる。
具体的には事前の光照射によってレーザー発振を制御できるフォトニック結晶レーザーキャビティを与えることにある。
効果 事前の光照射によってレーザー発振をオン・オフ切替できる。更には、レーザー発振のオン・オフ切替は、レーザー全体だけではなく、例えば数μm程度の大きさの領域などの動的に形成された微細パターンの単位で切替えることも可能である。
本発明によれば、レーザー発振が起こる箇所を非常に微細なレベルで動的に制御することができるので、例えば表示装置などの各種の応用が考えられる。
技術概要
フォトニック結晶レーザーキャビティ内のレーザー媒体にフォトクロミック特性を持たせる。レーザー媒質に事前に所定のパターンで光照射を行うことで媒質の場所毎に吸光度を変化させておくと、レーザー発振が特定のパターンで起こるようになる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT