Cs+イオン吸着剤及びその製造方法

開放特許情報番号
L2014001856
開放特許情報登録日
2014/10/2
最新更新日
2016/12/23

基本情報

出願番号 特願2012-151636
出願日 2012/7/5
出願人 国立研究開発法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2014-016160
公開日 2014/1/30
登録番号 特許第6020889号
特許権者 国立研究開発法人物質・材料研究機構
発明の名称 Cs+イオン吸着剤及びその製造方法
技術分野 情報・通信
機能 材料・素材の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 Cs+イオン吸着剤及びその製造方法
目的 吸着剤に吸着したCs+イオンを一定量脱離させることができ、同じ吸着剤を数回にわたり、一定量のCs+イオンを吸着可能な安定した吸着・脱離特性を有するCs+イオン吸着剤及びその製造方法を提供する。
効果 本発明のCs+イオン吸着剤は、吸着剤に吸着したCs+イオンを一定量脱離させることができ、同じ吸着剤を数回にわたり、一定量の吸着したCs+イオンを脱離して、3回目以降も一定量のCs+イオンを吸着可能な安定した吸着・脱離特性を有する。
また、本発明のCs+イオン吸着剤の製造方法は、上記、Cs+イオン吸着剤を容易に製造することができる。
また、本発明は、原子力の産業上利用において排出される放射性Cs+イオンの捕獲処理を容易にでき、原子力産業、放射性廃棄物処理産業等において利用可能性がある。
技術概要
スメクタイト類からなる層状粘土鉱物11と、層状粘土鉱物11の層間に導入した有機無機複合体19と、を有し、有機無機複合体19が一般式Z(OR)↓3で表され、ZがAl↑(3+)又はFe↑(3+)のいずれかの陽イオンであり、Rが炭素数2以上4以下のアルキル基であるCs+イオン吸着剤10を用いることによって前記課題を解決できる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT