可視光応答性光触媒とその製造方法

開放特許情報番号
L2014001851
開放特許情報登録日
2014/10/2
最新更新日
2016/9/22

基本情報

出願番号 特願2012-095251
出願日 2012/4/19
出願人 国立研究開発法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2013-220403
公開日 2013/10/28
登録番号 特許第5971698号
特許権者 国立研究開発法人物質・材料研究機構
発明の名称 可視光応答性光触媒とその製造方法
技術分野 機械・加工
機能 材料・素材の製造
適用製品 可視光応答性光触媒とその製造方法
目的 これまでに知られていないNb添加TiO↓2系の可視光応答性光触媒とその製造方法を提供する。
効果 これまでに知られていないNb添加TiO↓2系の可視光応答性光触媒を提供することができ、本発明の可視光応答性光触媒とその製造方法は、光触媒活性の高い可視光応答性光触媒とその製造方法に関するものであり、光触媒産業等において利用可能性がある。
技術概要
TiO↓2結晶と、
前記TiO↓2結晶内に固溶されたNb原子又はNbイオンと、
前記TiO↓2結晶の表面又は内部に担持されたTiNb↓2O↓7と、を有し、
前記TiO↓2結晶がアナターゼ相とルチル相の2相を含み、
前記TiO↓2結晶内に固溶されたNb原子又はNbイオンと、TiNb↓2O↓7中のNb原子の総含有量が20at%以上であることを特徴とする可視光応答性光触媒。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT