シンチレータ材料及びX線検出器

開放特許情報番号
L2014001845
開放特許情報登録日
2014/10/2
最新更新日
2016/5/24

基本情報

出願番号 特願2012-104955
出願日 2012/5/1
出願人 国立研究開発法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2013-231150
公開日 2013/11/14
登録番号 特許第5904538号
特許権者 国立研究開発法人物質・材料研究機構
発明の名称 シンチレータ材料及びX線検出器
技術分野 化学・薬品、情報・通信
機能 材料・素材の製造、機械・部品の製造
適用製品 シンチレータ材料及びX線検出器
目的 CWOの安全な代替物質となりえる量子効率の高いシンチレータ材料及びX線検出器を提供する。
効果 CWOの安全な代替物質となりえるX線検出器のシンチレータ材料として用いることができる。
本発明のX線検出器は、X線励起によりシンチレータを高輝度で発光させた赤色光を効率よく受光させることができ、X線検出効率を高めることができる。
本発明のシンチレータ材料は、X線検出器のシンチレータであるCWOの安全な代替物質となり、X線異物検出機及びX線CT等のX線検出器に応用でき、放射線技術産業等において利用可能性がある。
技術概要
化学式M↓(1−x)RE↓xF↓(2+x−w)で表されるフッ化物単結晶からなり、前記化学式でMがBe、Mg、Ca、Sr、Baの群から選択される1又は2以上の第2族金属元素であり、REが希土類元素であり、0<x≦0.4であり、0≦w≦0.5であることを特徴とするシンチレータ材料。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT