被検物質検知センサー

開放特許情報番号
L2014001839
開放特許情報登録日
2014/10/2
最新更新日
2015/10/9

基本情報

出願番号 特願2013-188884
出願日 2013/9/11
出願人 独立行政法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2013-242336
公開日 2013/12/5
登録番号 特許第5424227号
特許権者 国立研究開発法人物質・材料研究機構
発明の名称 被検物質検知センサー
技術分野 情報・通信
機能 検査・検出、機械・部品の製造
適用製品 被検物質検知センサー
目的 電気化学計測値のバラつきが小さい被検物質検知センサーを提供する。
効果 従来に比べ、高精度で電圧が得られるので、被検物質に対して安定した電気化学計測データが得られる。
電位が変化しない参照電極を設けているため、両電極の電位を安定して決定できる。
複数の作用電極のそれぞれに溜り部を設けることで、上記利点に加え、多数のサンプルを同時に処理できる。
特に、溜り部の容量が小さいほど、この漏れ出し阻止の効果は安定した検知データを得る上で有用となる。
技術概要
作用電極と対電極とが絶縁体を介して一体化されてなり、前記作用電極に被検物質が接触することで出力電圧が変化する被検物質検知センサーであって、
前記作用電極は、前記対電極及び前記絶縁体よりも小さく形成されて、前記絶縁体の表面の一部に設けられており、
前記絶縁体には前記作用電極を囲う周壁が形成されていて前記周壁が被検物質を収容する溜り部として機能し、前記作用電極とは別に参照電極が設けられており、前記参照電極が前記周壁に埋設されていることを特徴とする被検物質検知センサー。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT