排水構造

開放特許情報番号
L2014001809
開放特許情報登録日
2014/9/30
最新更新日
2014/9/30

基本情報

出願番号 特願2005-250765
出願日 2005/8/31
出願人 株式会社オーティス
公開番号 特開2007-063838
公開日 2007/3/15
登録番号 特許第4206089号
特許権者 株式会社オーティス
発明の名称 排水構造
技術分野 土木・建築
機能 機械・部品の製造
適用製品 排水構造
目的 排水口の大きさを変えることなく、雨水等の排水が流れ込む排水口の排水をスムーズに行うことができる排水構造を提供する。
効果 排水口の中心に鉛直方向に立設してなるので、排水口近傍に集水された排水が、整流棒体によって排水管に誘導され、排水口の大きさを変えることなく、排水口の排水をスムーズに行うことができる。従って、豪雨などのように多量の雨水等が生じた場合でも、雨樋集水器から雨水等が溢れ出したり、或いは、下水管に通じる排水口で雨水等が溢れ出すことを防止できる。
整流棒体を軽量化でき、屋根上に設置される雨樋集水器などでは、その設置を容易にできる。
雨樋集水器から雨水等が溢れ出したりすることを防止できる。
技術概要
排水が流れ込む排水口に連結された断面略L型或いは略T型に形成したドレンエルボに、外周胴部に沿って突出して連続されたらせん溝を形成し、該らせん溝の整流作用によって前記排水を誘導する整流棒体を、前記排水口の中心に鉛直方向に立設したことを特徴とする排水構造。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 株式会社オーティス

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT