低温履歴インジケーター

開放特許情報番号
L2014001795
開放特許情報登録日
2014/9/25
最新更新日
2014/9/26

基本情報

出願番号 特願2003-344771
出願日 2003/10/2
出願人 トッパン・フォームズ株式会社、国立大学法人東京農工大学
公開番号 特開2005-114364
公開日 2005/4/28
登録番号 特許第4566542号
特許権者 トッパン・フォームズ株式会社、国立大学法人東京農工大学
発明の名称 低温履歴インジケーター
技術分野 情報・通信、機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 低温インジケーター
目的 外部環境への影響が小さく安全な物質を使用し、荷物の保存温度が冷凍・冷蔵に不適な高温状態になったか否かの温度履歴を検知することができ、かつ、外力に影響されにくい構成を備えてなる低温履歴インジケーターを提供する。
効果 本発明に係る低温履歴インジケーターは、保存温度が冷凍・冷蔵に不適な高温状態になったか否かの温度履歴を視覚的に識別が容易な形態で表示でき、冷凍温度を−5℃〜−15℃の範囲で異なる保存条件とした場合でも上記温度履歴の判断を的確に行うことが可能である。
したがって、荷物に貼付するだけで、運搬中に、保存温度が如何なる冷凍条件下に保たれていたのか、不適な高温状態に曝された履歴があるのか、細かく判別できるため、荷物の品質を高精度に保証することが求められる医薬品などの運搬業務における適正な温度管理に寄与する。
技術概要
本発明に係る低温履歴インジケーターは、密封容器1内に、氷点下において凝固した乳化液2を備え、乳化液2は昇温により水相4と油相5に相分離することを特徴としている。乳化液2は、水、脂肪酸および脂肪酸ナトリウムから構成され、前記水は、糖類又は高分子からなる添加剤を含むものが用いられる。前記脂肪酸としては、オレイン酸、リノール酸若しくはイノレン酸から選択される1種又は2種以上の混合物が好適である。
実施実績 【有】  ・セントラルキッチンからサテライトキッチンへの冷蔵食品の輸送の温度管理に使用。・輸送用保冷箱にインジケータラベルを貼付して、冷蔵温度状態が維持されたまま輸送されたかのチェックに用いた。
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 1.ある規定温度を超えると色が変わり、異常があったことを目視できる
2.規定温度は冷凍域から常温温度と幅広く制御可能
3.色変化がおこると、元に戻らない(不可逆性)
4.非常に安価
5.3℃以下で10時間保管すると、監視がスタートする自動起動
6.常温保存が可能
7.食品、食品添加物、化粧品用原料などを使用しているため、安全性が高い
8.生ごみとして廃棄が可能

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT