雨樋支持具

開放特許情報番号
L2014001761
開放特許情報登録日
2014/9/23
最新更新日
2014/9/23

基本情報

出願番号 特願2001-162179
出願日 2001/5/30
出願人 株式会社オーティス
公開番号 特開2002-356966
公開日 2002/12/13
登録番号 特許第4653905号
特許権者 株式会社オーティス
発明の名称 雨樋支持具
技術分野 土木・建築
機能 機械・部品の製造、材料・素材の製造
適用製品 雨樋支持具
目的 樋支持具本体のスライドを確実に固定でき、しかも簡易な構造の雨樋支持具を提供する。
効果 ロックレバーは、樋支持具本体を取付杆に圧接させて固定することなく、樋支持具本体のスライドだけを確実に固定でき、雨樋支持具を極めて簡易な構造にすることができる。
係止爪片の片側或いは両側は、鋸刃状に形成されているので、この係止爪片がスライド長孔の凹凸部に係合した後は、係止爪片が抜け外れることなく樋支持具本体を確実に固定できる。
アンロック状態のときには、取付板部と樋支持具本体とを密接させた状態にして、樋支持具本体のスライドをスムーズに行うことができる。
技術概要
軒先等に固定される取付杆と、側壁に凹凸部が形成されたスライド長孔を備え、且つ雨樋の耳部を掛止する樋耳掛止部を設けた樋支持具本体と、これらを上下に貫通する連結軸で連結し、上記樋支持具本体を所望の位置で上記取付杆に固定できるロックレバーを備えた雨樋支持具において、
上記ロックレバーは、変形自在な部材で形成され、且つ、基端側には軸孔を設けた取付板部を形成すると共に、前方側には上記スライド長孔の凹凸部に係合される、片側或いは両側が鋸刃状に形成された係止爪片を形成して成り、
上記樋支持具本体を所望の位置にスライドした後、上記ロックレバーを変形させて、その係止爪片を上記スライド長孔の凹凸部に係合し、上記樋支持具本体を所望の位置で固定させる構造とした雨樋支持具。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 株式会社オーティス

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT