開発管理システム、開発管理プログラム、および開発管理プログラムを記録した記録媒体

開放特許情報番号
L2014001749
開放特許情報登録日
2014/9/22
最新更新日
2014/9/22

基本情報

出願番号 特願2008-321213
出願日 2002/12/3
出願人 株式会社日本総合研究所
公開番号 特開2009-104627
公開日 2009/5/14
登録番号 特許第4658185号
特許権者 株式会社JSOL
発明の名称 開発管理システム、開発管理プログラム、および開発管理プログラムを記録した記録媒体
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 開発業務を管理するシステム、および開発業務を管理するためのプログラム、コンピュータを用いた業務管理技術
目的 設計変更に関する定量的な管理を導入することにより、熟練した評価担当者がいなくても、或いは同種製品の多数の設計変更の事例がなくても、完成度の高い開発を実現可能とする。
効果 全ライフサイクル期間中に発生が予想される件数の設計変更をできるだけ開発期間中に前倒しして実行させることにより、開発の完成度を向上させる。また、その場合、管理者等が必要と判断したものについて設計変更指示手段により実行が指示されたものだけが実際に設計変更として実行される。
設計変更を開発期間中に前倒しして実行することが可能となって、開発から量産への移行後における設計変更の件数が低減されることが期待できる。したがって、本発明は、製品開発業務を行う産業分野において、好適に利用される。
技術概要
予め開発対象製品のライフサイクル中に発生が予想される設計変更の件数に基づいて、当該製品の設計開発に際して行われる要望事項や過去の不具合に対する設計変更の事例等を反映させるための設計変更指摘の目標件数と、この指摘のうち設計変更指示があったものについて実行される設計変更の目標件数とを設定し、それらの目標件数と開発期間中に発生した設計変更指摘および設計変更の実件数とを比較してそれぞれの差を表示することにより、開発業務の完成度を定量的に管理するように構成する。
実施実績 【有】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 株式会社 JSOL

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT