撮像装置および画像処理情報生成プログラム

開放特許情報番号
L2014001721
開放特許情報登録日
2014/9/19
最新更新日
2014/9/19

基本情報

出願番号 特願2011-034309
出願日 2011/2/21
出願人 日本放送協会
公開番号 特開2012-173916
公開日 2012/9/10
登録番号 特許第5503573号
特許権者 日本放送協会
発明の名称 撮像装置および画像処理情報生成プログラム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 画像処理情報を生成する技術
目的 光外乱の多い環境でも利用でき、構成が簡易な撮像装置を提供する。
効果 奥行き情報、反射特性情報および光源情報ごとに、各情報を生成するための固有の装置を必要とせず、簡易な構成を実現することができる。
撮像手段で撮像を行う際に、パターン光を被写体に照射する必要がないため、光外乱の多い環境でも利用することができる。
奥行き抽出範囲を算出できるため、これを手動で設定する必要がなく、撮像装置の利便性をより向上させると共に、被写体の顔領域を正確に抽出することができる。
技術概要
撮像装置1は、照明Lで照らされる被写体Aを撮像して、被写体Aの奥行き値を示す奥行き情報と、被写体Aの反射特性を示す反射特性情報と、照明Lの条件を示す照明情報とを画像処理情報として生成するものであって、ステレオ画像として扱える撮像画像を撮像するカメラCと、照明Lと、カメラCが撮像した撮像画像を用いて、画像処理情報を生成する画像処理情報生成装置100とを備え、カメラCが、偏光方向が互いに直交する2つの偏光フィルタを有するレンズと、偏光ビームスプリッタと、偏光ビームスプリッタで分光された光を撮像する2つの撮像素子とを備える。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT