板状部材の位置決め搬送方法

開放特許情報番号
L2014001708
開放特許情報登録日
2014/9/15
最新更新日
2014/9/15

基本情報

出願番号 特願2009-064901
出願日 2009/3/17
出願人 本田技研工業株式会社
公開番号 特開2010-219337
公開日 2010/9/30
登録番号 特許第5345424号
特許権者 本田技研工業株式会社
発明の名称 板状部材の位置決め搬送方法
技術分野 電気・電子、輸送
機能 機械・部品の製造
適用製品 板状部材の位置決め搬送方法
目的 比較的重量に富み、脆弱な板状部材を損傷することなく、位置決め搬送する方法及び装置を提供する。
効果 板状部材と搬送処理部との間に生ずる衝撃力を可及的に減少させることによって該板状部材や搬送処理部に対するクラック等の損傷を回避するとともに、効率的に板状部材を生産することが可能となる。
技術概要
搬送ロボットBによって位置決め部12の第1ガラス基板受け部20A、20Bを構成する溝にガラス基板100を載置位置決めする。第1ガラス基板受け部20A、20Bは緩衝部材で構成されているために衝撃なくガラス基板100を受け止める。次いで、リフター74が搬送処理部14を上方へと変位させると、前記ガラス基板100は搬送処理部14の第2ガラス基板受け部50A、50Bに移載され、且つガラス基板側部受け部32A〜32D、34A〜34Dによって横方向への変位を阻止されながら、トランスファーマシンEによりセレン化処理炉Fへと搬送される。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT