太陽電池モジュール用端子箱

開放特許情報番号
L2014001701
開放特許情報登録日
2014/9/15
最新更新日
2015/3/2

基本情報

出願番号 特願2011-256893
出願日 2011/11/25
出願人 本田技研工業株式会社
公開番号 特開2013-115064
公開日 2013/6/10
登録番号 特許第5657506号
特許権者 本田技研工業株式会社
発明の名称 太陽電池モジュール用端子箱
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 太陽電池モジュール用端子箱
目的 接着剤のはみ出しを低減できるとともに、接着強度のばらつきを抑制することが可能な太陽電池モジュール用端子箱を提供する。
効果 接着剤のはみ出しを低減できるとともに、接着強度のばらつきを抑制することが可能な太陽電池モジュール用端子箱を提供することができる。
本発明によれば、端子箱の周囲にはみ出す接着剤が低減され、溝部に流入した接着剤の位置を容易かつ精度良く合わせることができ、押圧力に対する接着剤の流入感度が向上し、押圧力を(ひいては接着強度を)精確に管理することができる。
技術概要
太陽電池モジュールに接着剤Sで取り付けられる太陽電池モジュール用端子箱5であって、底壁部51と、底壁部51の周囲に立設された周壁部52と、周壁部52の内部に形成され、底壁部51側に開口する溝部53と、周壁部52の側面に形成され、溝部53に流入した接着剤Sの位置を目視可能な窓部54と、を備える。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT