太陽電池の製造方法

開放特許情報番号
L2014001697
開放特許情報登録日
2014/9/15
最新更新日
2016/4/19

基本情報

出願番号 特願2011-157364
出願日 2011/7/19
出願人 本田技研工業株式会社
公開番号 特開2013-026297
公開日 2013/2/4
登録番号 特許第5881987号
特許権者 本田技研工業株式会社
発明の名称 太陽電池の製造方法
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 太陽電池の製造方法
目的 結晶の歪みのないカルコパイライト化合物からなる光吸収層を備えた太陽電池の製造方法を提供する。
効果 セレン化での高温処理で発生した光吸収層の内部応力による結晶の歪みを除去し、短絡電流(Isc)やフィルファクタ(FF)などの電池特性を改善できる。
また、本発明にかかる太陽電池の製造方法は、例えば自動車の車体の一部に組み込むCIGS太陽電池の製造に利用することができる。
技術概要
セレン化に引き続き、熱処理装置内を減圧し窒素ガス(N↓2)を導入してH↓2Seガスと置換する。そして、炉内温度が200℃になった時点で焼き戻しのために再加熱する。この再加熱の到達温度は390℃とする。この後、徐々に冷却することで、カルコパイライト化合物からなる光吸収層として内部応力に起因する結晶の歪みが除去されたものが得られる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT