太陽電池モジュール

開放特許情報番号
L2014001694
開放特許情報登録日
2014/9/15
最新更新日
2015/3/2

基本情報

出願番号 特願2011-038839
出願日 2011/2/24
出願人 本田技研工業株式会社
公開番号 特開2012-175079
公開日 2012/9/10
登録番号 特許第5662838号
特許権者 本田技研工業株式会社
発明の名称 太陽電池モジュール
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 太陽電池モジュール
目的 集電電極の熱膨張時における太陽電池セルの破損を防止することにより出力低下を抑える共に、製品サイズを維持した状態で防湿性を高めることにより耐久性を向上させることができる太陽電池モジュールを提供する。
効果 集電電極が熱膨張した場合であっても、太陽電池セルに生じる引張力を小さくすることができ、太陽電池セルが破損することが防止されるため、出力低下(発電効率の低下)を抑えることができる。
また、製品サイズを拡大させることなく防湿性を高めることができ、その結果、太陽電池セルが腐食することも抑えられるので、耐久性を向上させることができる。
技術概要
太陽電池モジュール10は、電気的に直列接続された状態で基板12上に一列に配設された複数の太陽電池セル14と、その配列方向からこれら太陽電池セル14を挟むようにして基板12上に配設された一対の集電電極18と、複数の太陽電池セル14と集電電極18を覆うカバー部材16とを備え、一対の集電電極18間であってカバー部材16と基板12に挟まれた空間に樹脂部材20が封止されると共に、各集電電極18とカバー部材16に挟まれた空間に弾性部材22が封止されて構成されている。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT